現在の介護のありかたとこれからの介護のありかたについて紹介しています。また、介護の種類も書いています。

経験者が語る!認知症と介護のアドバイス

介護の現状、そしてこれからの介護は

介護には様々な種類があります。どうやって決まるのかというと、身体能力や知的能力を判定し、その結果どの位の介護が必要かどうかを検討しそれぞれの施設に配置されることになります。特に最近、特別養護老人ホームを必要としている人が多くなかなか入居出来ない状況が現状です。

介護にはデイサービスというサービスがあり、多くの高齢者の方が利用しています。みんなで歌を歌ったり、何かものを作ったり、利用している方々同士でおしゃべりしたり、ヘルパーさんとの交流をしたり、ご飯を一緒に食べたりしてみんなで楽しく過ごすことをモットーにやっている施設も多いと思います。施設によってはお泊りもできるところもあります。他にも個人のお宅に訪問し、お手伝いをするサービス(訪問介護)もあります。これは、高齢者の方が注文したことをヘルパーさんがお手伝いする介護で、高齢化社会となった日本には無くてはならないスタイルの介護だと感じます。

そしてこれから、ますます高齢者の方々が増え今度は超高齢社会の時代に入っていくと考えられます。今以上に介護の重要性は上がり、施設の建設ラッシュも起こってくるのではないでしょうか。施設をたくさん建てたいところですが、国にも予算があり簡単に建てることは出来ません。なので20歳以上の人が税金を払ってこうした介護に役立てられていることと思います。これからは高齢者を思いやるだけではなく、高齢者にとっても優しい街づくりをして、税金もそのようなことに利用されることを願っています。

お役立ち情報

Copyright (C)2018経験者が語る!認知症と介護のアドバイス.All rights reserved.